This Archive : 2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Da Gama

私が中学生の頃、購読していた歴史投稿雑誌・・・
『歴史パラダイス』→『DaGama』→『歴史ファンワールド』と歴史を辿った
KOEIの雑誌を皆さんはご存知だろうか。。。
さっき部屋の整理をしていたら書棚の奥から発見されました。。。 懐かしい(涙)
20081130DaGama

クラスの皆がりぼんとかなかよしを購読している時に私は歴史雑誌を買って
投稿していたんだよ~~っ!! 
昔のヘッタクソな絵を見ると涙が出そうです。
さっきパッと開いたページに自分の投稿作が載っててバッと閉じてしまった。
昔の自分の作品ほど恥ずかしいものは無い。
これを見せられると脅迫されているような気になるな。(笑)

休刊になってしまったけど、また復活してくれないかな。。。
絶対買うし投稿しちゃうと思う。
そしてまた数年後に自分の絵を見て恥らうという悪循環。


これが発刊されていた時期に『お笑い風林火山』という番組をやっていました
この頃、やけに歴史好きをくすぐる素敵なメディアが多かったな~
これ、芸人さん達が体を張って義経の八艘飛びや
三河武士のふんどし訓練等の歴史を再現するコーナーがありました。
大好きな番組だったんだけど、半年くらいで終わった・・・
番組は全部録画して持っているので探せば出てくるはず。
ビデオテープが駄目になる前にDVDに焼いて永久保存しとかんとな!
スポンサーサイト
Category : 未分類


広島へ~

3連休はどこかに行きたいな~と思って、パンフを貰ってきました!
候補は以下の三つ。
下関・・・・源平合戦関係
広島・・・厳島神社
熊本・・・熊本城

一番安上がりなのは下関。 バスで片道1500円~!!
でも見たい源平関係の場所(誰々が戦勝祈願した神社~とか)が
あっちこっちあるので1日で収まらないような気がする場所なんですよね・・・
20081120毛利元就

↑私の旅の指南書は学研出版の歴史群像シリーズなのでした。

厳島神社までの新幹線代、思ったより高かったのでビックリ。
往復の旅費が 関西へ往復してホテルが付いてくる値段と同じだった!
関西に行くのの半分くらいの距離なのに、なんか割高感があるぞ。
Category : 未分類


■全国城郭攻略!!■

全国城郭攻略の巻~!!

姫路城その1(姫路到着!) その2(開門~!) その3(姥が石、油壁等) 
その4(特別公開・大天守東の折廻り櫓) その5 その6

彦根城その1 その2 その3 その4
Category : 全国城郭攻略


■戦国時代の史跡巡りin大阪■

戦国時代の跡巡りin大阪


三光神社・・・真田幸村が出城を築いた地 (大阪市天王寺区)
心眼寺・・・真田幸村・大助親子を弔う寺 (大阪市天王寺区)
真田幸村休憩所碑・・・伊達軍との激闘後、ここにて休憩。 (大阪市平野区)
志紀長吉神社・・・↑の後に幸村が戦勝祈願、軍旗と刀剣を奉納 (大阪市平野区)
樋ノ尻口地蔵堂・全興寺・・・真田の地雷で家康殿危機一髪!(大阪市平野区)

桑津古戦場・大阪陣戦歿将士慰霊塔・・・最終決戦の地で。(大阪市東住吉区)
太融寺・・・淀殿の墓。 (大阪市北区)



-----------------------------------------


大阪市内にある大坂の陣の史跡をあっちこっち回ってみました!


いしだみつにゃん

花しょうぶ通りにある『戦国丸』さんで頂いたポストカード
可愛すぎる・・・萌え死ぬ。
20081105お土産~その4

「家康覚悟!!」と、
筆で家康に悪戯しようとしている可愛いデザインを貰ってきたつもりが
家に帰って広げてみると無かったことが判明。 うわー!ショック!!
一番ツボだったお遊び写真だったのに。 残念です~

ここでは「直江かゆ続」という直江兼続をもじった鮭粥を頂いて
店長さんにあれこれ楽しいお話をしていただきました。
彦根に行ったらまた足を運びたい場所です。
Category : 未分類


おみやげその1

今回の旅行で買ったもの。
私、ストラップが好きなんだなーと思った。
でもね、携帯電話にジャラジャラ付けるのは好きじゃないから
今はチェブラーシュカの小さな人形を付けてるだけ
あとは箱に仕舞ってます。(前回買った政宗もっこり も。)
20081105お土産~その2

ずっと欲しいと思ってた京竹で作られた家紋ストラップ!!
通販でも買えるんだけどね、
定価1500円で送料が1500円ってあまりにも酷い。
絶対実店舗で買うんだ!と決めてたので今回やっと買えました。
木目や木の色がそれぞれ違うから、気に入ったものを選んで買いたかったしね!
家康様も大好きなので葵の御紋を・・・と思ったのですが
一庶民の私が葵の御紋を手にするのはなんだか恐れ多い気がしたので
伊達様の家紋のみを購入。

使っていたらそのうち木肌が良い風合いに変化していくと思います。
チェブを解任してこれを付け変えようかな・・・どんな色に変化するか楽しみ!
20081105お土産~

彦根の花しょうぶ通りにある『戦国丸』というお店で見つけてしまった
いしだみつにゃんが可愛くて、飴とバッチを買ってしまった。
いしだみつにゃんとは、石田三成の生まれ変わり(という設定)のキャラクター
ひこにゃんのライバル的存在として彦根の盛り上げに一役かっているようです。

前々から妹が「みつにゃんが可愛い!!」と騒いでて
その時は「ふ~ん・・・」と受け流してたんですけど
実際にお店にある人形とか見てたら妙に愛着が沸いてきた・・・
こにくたらしい目つきとかなんか凄く可愛い!
普段はつんつんしているように見えるが心根は優しくさびしがりや
すぐお腹を壊す
 (実際に石田三成は関ヶ原敗走中に腹を下してます)
という設定がまた可愛いじゃないかー!

もともと家康様が好きでバリバリの東軍派だったので
石田三成に敵意識があったんですけどね、(自分 武将でもないくせに)
なんか好きになれそうな予感。
20081105お土産~その3

一つ一つ顔の形が不ぞろいな所がまた可愛い(^^*)
妙に寄り目だったりしてさ。



Category : 未分類


帰還しました。

秋の連休を利用した 歴史巡りの旅から帰還しました。

今回は関ヶ原合戦や大坂の陣の史跡めぐりを中心に
分刻みのスケジュールを組んであちこち巡ってみました。

滞在先から目と鼻の先にある茶臼山にも行けなかったし
(関西に行く度、行こう行こうと言いながらいつも行ってない場所。)
大徳寺総見院の、特別公開中の信長公の墓にも行けなかった・・・
(普段は非公開)

たった数日では回りきれなくて残念な事も多かったけど楽しい旅だったな
まあ、次は雪の時期に行こうと思ってるからその時まで楽しみを取っておけますね!
帰ってきたよ!


次は雪の時期に真田幸村が居た九度山と霊場高野山を巡りたいです
そして今回行き逃した京都の史跡かな。


仙台旅行の日記がまだ全部つけ終わってないのに・・・ううう。
さっさと付けとなかいと忘れそう。はようせんとな。
Category : 未分類


鞍馬寺 その2

山門をくぐると果てしない山登りの始まりです。
山だし、寒いかな~と思って着込んでいたのですが・・・
最初のこの階段を登りきったあたりでじんわり汗が出てました。
20081102鞍馬山5階段


20081102鞍馬山6魔王の滝

650万年前、地球を救う使命をおびた魔王が降り立ったとされる鞍馬山。。。
なんだそりゃ!
滝行ダメ~って書いてあるけど可愛らしい量しか流れてません
名前負けしてる!
20081102鞍馬山7由岐神社

魔王の滝からちょこっと登ると「由岐神社」
鞍馬の火祭りで有名ですよね、 一度見てみたいな~と思っております。

地震や乱によって混乱した世の中を鎮める為
御所の北方に位置する鞍馬に建てられました
本殿と拝殿は豊臣秀頼によって再建されてものなんだって。
20081102鞍馬山8義経供養等 看板

由岐神社の先には「義経公供養等」
前回来た時にウッカリ見逃してしまった所ですね!
20081102鞍馬山8義経供養等2

ここに10年間住んでいたのか。。。
鞍馬の山頂あたりにある広い屋敷で他の修行僧と共に生活しているイメージがあったので
小さな碑がポツンとあるだけのこの現場が凄く妙な感じがします。
狭い山道意外に周りに平地が無い場所だし、凄く小さなお堂だったのかな。
20081102鞍馬山9立て札

あっちこっちにこういうぶっそうな立て札が立ってる鞍馬山。
正規のルートを外れた道を行くと大変な事になりますのでご注意を
Category : 未分類


鞍馬山その1

前回、デジカメの充電切れ&夕方の参拝で凄く怖い思いをして
良い思い出の無かった鞍馬寺参拝
次こそはデジカメの充電もバッチリ! そして朝から張り切っていきます!!!

鞍馬寺行きの叡山電鉄に乗り、ずんどこ揺られて鞍馬寺へ到着!!!
前回は5人くらいしか乗客の居ない寂しい電車だったのに
今回は休日&紅葉の効果でぎゅうぎゅうづめの車内。
20081102鞍馬山1天狗

駅前にでーんと構える天狗の面。
移動販売のパンのお店なんかも出てて凄くにぎやかでした。
前回着た時とえらい差だ・・・
20081102鞍馬山2お面

途中のお土産屋さんには天狗のお面がいっぱい。
20081102鞍馬山3看板

ちょ!!! ご当地看板発見。
20081102鞍馬山4山門

色づき始めた鞍馬の山。 凄く綺麗です。
真っ赤よりもこれくらいが好きだな。
20081102鞍馬山4-2

前回はこの位置でデジカメの電池が切れてしまいました。
Category : 未分類


太融寺 淀殿の墓

梅田駅から歩いていける処にあったのでてくてく歩いて行ってみました~!
淀殿の墓のある『太融寺』

淀殿
浅井長政と市の方(織田信長の妹)の長女
後に豊臣秀吉の側室となり、秀吉の後継者秀頼の母となる人・・・

20081101淀殿の墓0

ここ、外観を見た瞬間 ハッとあることに気付いたのです!
この寺って2年前くらいに雑貨屋さん巡りをしてる時に来た場所だー!!
あの時は雑貨屋さんに行くための目印として利用した太融寺。。。
ニアミスしてたんですねー・・・ビックリしました。
20081101淀殿の墓1

門をくぐると、広い敷地内の中でひときわ目立つ鳥居(笑)
白竜神社の鳥居の右手に淀殿の供養塔がありました~

元は弁財天島淀姫神社にあったものなのですが
明治10年・・・大阪城公園造成の為にこちらに移されたのだそうですヨ
20081101淀殿の墓2

鳥居をくぐって右側にある供養塔・・・
こちらもともとは9重の塔。戦災で破損したために6重の塔になっているんですって

淀殿と息子秀頼の遺骨は大阪城落城後も見つからなかったので
生存説がささやかれています。 上野へ落ち延びたとか
真田幸村に導かれて薩摩に渡ったとか・・・(江戸初期に歌われた童歌の歌詞に
~花のやうなる秀頼様を 鬼のやうなる真田が連れて 退きも退いたり鹿児島へ・・・とある。)
もちろんここにも遺骨は無く供養等のみ。
20081101淀殿の墓3

昔から女性の参拝者が絶えないお墓なのだそうです・・・
この日も、私とツレが手を合わせている時に2人ほど女性がお参りにこられてました。

20081101淀殿の墓4

↑何故か戦国大名。毛利家の家紋があちこちに・・・
何か関係があるのかな。 勉強中。


Category : 未分類


姫路城4

2008年の11月1日~11月7日の秋の特別公開の期間中のみ
大天守地階厠(かわや)、乾小天守、東小天守、折廻り櫓、化粧櫓が
見ることが出来るのです。
それを目当てにこの時期に旅行の計画を立てたんですよ!
年に数日しか見られない特別公開、しっかりと見てきます!!
20081101姫路06特別公開

さてさて、ここがまず一つ目の特別公開。大天守東の折廻り櫓
20081101姫路6廊下

暗くて急な、アトラクション的階段を上ると電気もないのに明るい室内!!
光を取り込む工夫があれこれされているのですね、凄いな。

人がいっぱいで、写真を撮ろうとすると絶対に人が写り込んじゃうんですよ
これがせいいっぱいの写真(笑)
ちょこっと人影が写りこんでるのは脳内消去してくださいね。
20081101姫路7姫路の町並み

ここからの眺めはこんな感じ。
姫路の町が一望できます・・・
20081101姫路8室内

ここは今で言う応接間だったそうですよ。
他の部屋とは少しだけ作りが違うんだよ~と警備員さんが話してくださいましたが
話を聞いたのが11月1日・・・この記事を作っているのが2月下旬。。。
警備員さんのありがたい話が記憶から飛んじゃってますわ
20081101姫路8釘隠し

↑例えばここ。
お客様用のこの部屋だけは釘隠しの装飾が金なんですね~
唯一これだけ覚えてました。
Category : 未分類


姫路城2

9時になり、ぐぉ~んぐぉ~んという銅鑼(?)の音と共に開城。
3dayチケット提示で入場料が3割引!600円→420円!
初日からモト取りまくりでうふふですな。
20081101門

まず最初にくぐるのは『菱の門』
この菱の門は伏見城から移されたという伝承があるとかないとか。。。
20081101門2

すっげー! この堂々たる大きさ。
20081101菱門から見る天守閣

菱の門をくぐった位置から見える大天守と小天守!
20081101漆喰の壁。

凄く雰囲気のある漆喰の壁にある四角や三角の穴は鉄砲狭間。
20081101漆喰の壁からみあげると

ここから見える天守。 こんなかんじ~!

まだ入城から10分も経ってないのにもう姫路の記事は2ページ目。。。
凄く長編の記事になりそうだわ。
写真も姫路城だけで200枚以上撮りまくってるから選ぶのも大変です。
Category : 未分類


姫路城その3

20081101姫路1朝日・・・

朝日がまぶしいっ!!
20081101姫路2頭上注意

城の入り口は敵の侵入を防ぐために凄く小さく作られてるんです
ああ。。。身長が160に満たないチビな私はそのまんま通過出来ちゃいました。
他の観光客は背をかがめて通っているというのに、なんか悲しいな。
20081101姫路3姥が石

↑天守を築く際、石垣の石不足に嘆いてた秀吉の話を聞いた餅売りの老婆が
古くなった石臼を提供した・・・という話があります。
上の写真が老婆が提供したとされる石臼。
20081101姫路4油壁

定期的な改修工事で壁は漆喰で塗り固められるんですけど
この一角だけは秀吉時代から残る砂と粘土で作られた壁。
強度がコンクリート程もあるらしく、鉄砲の弾さへも弾くとか!

Category : 未分類


姫路城1

関西の主要観光地をあちこち回れる便利なカード。 3day・5000円を購入!
今日からコレを使って姫路に京都に和歌山に~とあちこち回ってきま~す!
大阪→姫路の往復だけで半分以上モトが取れるのだ。 お得すぎる!
20081101 3dayチケット

大阪 7時発の姫路行き直通特急に乗り込み、到着までの87分爆睡。
起きた時にはもう姫路に着いてました。
姫路という言葉のもつ雰囲気が素敵ですね~
20081101-1姫路に着いたー!!

姫路の案内板をとりあえず撮る。 
めっちゃ観光客丸出しで恥ずかしかったけど
旅の記録を付けるには絶対に欠かせないですからね~。
あと、膨大な数の写真を後で見た時に「ここからは姫路の写真だ」と一発で分かりますもん。
20081101 チラリズム

駅から出て姫路城へ~徒歩15分の距離!
みてみて~! チラっと見える姫路城。 ツレと二人して大興奮です
20081101 マンホール

旅先の重要ポイントその2. ご当地色溢れるマンホール。
姫路城の別名は白鷺城。 
漆喰の白壁が白鷺に似ているから・
城が鷺山という場所に立っているから
とか色々説があります。
そういう事でマンホールや消火栓も白鷺。 可愛いですね~
20081101 到着!

目の前の横断歩道を渡れば姫路城内!という処まで来ました。
20081030すごーい!!

もうこの時点で凄く感動しっぱなし!!
天気に恵まれて本日快晴青空に漆喰が映えてて綺麗ですよね~

一応観覧所要時間は1時間30分てことになってるけどさ。。。
なんか物凄く長い時間居座ってしまいそうです。
20081101 千姫

千姫がお出迎え! じゃないな。「ありがとうございました」 だから・・・

千姫は徳川家康の孫!
凄いおじいちゃん持ってるお姫様なんです。
家康は死後 神様(東照大権現)にまでなっちゃいますからね
そういう偉大な人を家族に持つ人ってどんな気持ちなんだろう~
とか思いつつ、料金所の前で9時の開館時間を待ってました。
Category : 未分類


のわ

Author:のわ
■日本史が生き甲斐。
神代・源平・戦国・幕末
明治~昭和初期のレトロ時代が好み
あと、昔の生活文化を調べるのも好き

全国の史跡巡りの記録です

POST*MAIL
何かありましたらこちらへどうぞ。
趣味の部分で同じニオイを感じたら
お友達です。(*^v^*)

覚書

旅の輪





検索

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 歴史回廊 (仮題) All Rights reserved  /   まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。