スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東昌寺

次は、仙台城の鬼門に当たる場所に
政宗自ら手植えしたカヤの木のある『東昌寺』へ!!
ここ・・・本当に嫌な思い出のある寺になってしまいました(苦笑)
20081005光明寺2


長い階段を上っていると、なんかあっちこっちに猫が居る。
人馴れしているからかワラワラ寄ってくるんですよ
かわいい~!! って!・・・・構ってあげたいけどな、
私には政宗公手植えのカヤを探すミッションがあるんだ・・・ごめんよ!
と、猫を無視して階段を上りきり門をくぐるが・・・
見える範囲にそれらしい木がない。

藩祖自ら手植えよ?! 
その辺の木にまぎれてフツーに立ってるわけないでしょ!!

広くて静かな(時刻は朝8時前・・・)墓地の中をウロウロ。。。
樹齢400年は確実だから直ぐに分かるはずよっ♪と数十分探し回る。

割と大きい木はいくつかある。しかし説明書きも何もない。。。
墓地のの階段を上ったり下ったりしながらそれらしい木を一つ一つチェック
えー!!どれだよカヤ!!
つーか、カヤの木ってどんな木?! 
(碁盤の材料になるって事意外知らね~!!)
20081005東昌寺のカヤ

↑それなりに大きな木を見つけるたびに「これかも…」と眺めてました。。。

途中「立ち葵」の家紋入りの本多さんの墓を発見(笑)
子孫の方なのかなぁ・・・と勝手に想像しつつまたウロウロ。。。
20081005東昌寺のカヤ2

蜘蛛の巣と格闘しつつ奥まで進む・・・その先の墓地でまたウロウロ
ふと顔を上げると目の前に見たことのあるような光景が広がっている
「えー!!ここって光明寺じゃないっけ?!」
なんと私は東昌寺の敷地を越えて隣の光明寺に侵入していたのだった。
・・・・多分蜘蛛の巣と格闘していた辺りが境界だったと思われる。。。
20081005東昌寺地図

カヤを諦め失意のうちに階段を下る・・・
さっきは甘えた表情を見せていた猫だったけど、
カヤを見つけられずに項垂れる私をあざ笑っているようだった・・・orz

東昌寺の入り口まで下った所でカヤの位置が記されている地図発見!!
北仙台駅から歩いてきてたから、地図が全然目に入ってなかったよ!
20081005東昌寺地図2

↑北仙台駅から歩いてきたから門の左は死角!!
憤慨しながらもと来た階段をダッシュで駆け上がり、目指すはマルミガヤ!!
寺の右手の小道を入った所にあった!! カヤカヤ!!!
20081005-2マルガミヤ

さっき、「これが手植えのカヤかも・・・」と・・・
アホみたいにウットリ見ていたただの雑木とは
比べ物にならない位の巨木・・・!!! 
ぎゃー凄い!
このでかさ、分かります?! 分かりますよね!! 樹齢500年ですよ~っ
20081005東昌寺のカヤ巨大!!2

戦災にも耐えて、仙台の町を・歴史を・・・見守ってきたのね
そう思うと愛しいです、カヤが。
20081005-2マルガミヤ説明


ちゃんと政宗手植えのエピソード入りの看板もありました!!
なんかもう色々あって、見つけた時は泣きそうでした。。。
さー次は青葉神社!!!! 気を取り直して行って見よう!
スポンサーサイト
Category : 未分類


のわ

Author:のわ
■日本史が生き甲斐。
神代・源平・戦国・幕末
明治~昭和初期のレトロ時代が好み
あと、昔の生活文化を調べるのも好き

全国の史跡巡りの記録です

POST*MAIL
何かありましたらこちらへどうぞ。
趣味の部分で同じニオイを感じたら
お友達です。(*^v^*)

覚書

旅の輪





検索

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 歴史回廊 (仮題) All Rights reserved  /   まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。