スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


姫路城その3

20081101姫路1朝日・・・

朝日がまぶしいっ!!
20081101姫路2頭上注意

城の入り口は敵の侵入を防ぐために凄く小さく作られてるんです
ああ。。。身長が160に満たないチビな私はそのまんま通過出来ちゃいました。
他の観光客は背をかがめて通っているというのに、なんか悲しいな。
20081101姫路3姥が石

↑天守を築く際、石垣の石不足に嘆いてた秀吉の話を聞いた餅売りの老婆が
古くなった石臼を提供した・・・という話があります。
上の写真が老婆が提供したとされる石臼。
20081101姫路4油壁

定期的な改修工事で壁は漆喰で塗り固められるんですけど
この一角だけは秀吉時代から残る砂と粘土で作られた壁。
強度がコンクリート程もあるらしく、鉄砲の弾さへも弾くとか!

スポンサーサイト
Category : 未分類


のわ

Author:のわ
■日本史が生き甲斐。
神代・源平・戦国・幕末
明治~昭和初期のレトロ時代が好み
あと、昔の生活文化を調べるのも好き

全国の史跡巡りの記録です

POST*MAIL
何かありましたらこちらへどうぞ。
趣味の部分で同じニオイを感じたら
お友達です。(*^v^*)

覚書

旅の輪





検索

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 歴史回廊 (仮題) All Rights reserved  /   まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。