スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


豊国神社

慶長3(1598)年8月18日、天下統一を果たした豊臣秀吉を祀った『豊国神社』
京都国立博物館のお隣にあります。
2008年6月24日豊国神社1

豊臣家が滅亡した後、徳川家康により破却されてしまったのですが
明治天皇の一声で明治13年に再建。
今は秀吉の出世人生にあやかって出世を願う人々が全国から参拝にくるのだとか


2008年6月24日豊国神社1-2



2008年6月24日豊国神社2

豪華絢爛という言葉がぴったりの唐門。
伏見城の遺構と伝えられているそうです
2008年6月24日豊国神社3

左手には、豊臣秀吉が建立した『方広寺』が・・・

2008年6月24日豊国神社4

ここにある梵鐘は豊臣時代の物なのですが、これに刻まれた文字
「国家安康」「君臣豊楽」の銘文が、 豊臣家滅亡の切欠になったとされます。
俗に言う『方広寺鐘銘事件』ですね~

2008年6月24日豊国神社5

↑がんばってデジカメで撮影しました!!

家康の文字が分断されているのは家康を呪っている証拠だとして
家康の怒りを買ったのだそうです・・・
こんな大きな鐘の中からよくイチャモンを付ける理由を
見つけたなぁと変に感心してしまいました・・・。

この鐘を見ながら・・もしも開戦の理由を見つけられないまま時が流れ
力をつけた豊臣勢が徳川幕府と対立したら・・・とか考えていたんですが
家康殿の事ですからこの鐘以外でも何か理由を探して戦を仕掛けてそうですよね。
スポンサーサイト
Category : 未分類


のわ

Author:のわ
■日本史が生き甲斐。
神代・源平・戦国・幕末
明治~昭和初期のレトロ時代が好み
あと、昔の生活文化を調べるのも好き

全国の史跡巡りの記録です

POST*MAIL
何かありましたらこちらへどうぞ。
趣味の部分で同じニオイを感じたら
お友達です。(*^v^*)

覚書

旅の輪





検索

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © 歴史回廊 (仮題) All Rights reserved  /   まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。